沿革

沿革

● 昭和41年1月25日 設立総会開催
● 昭和41年2月1日 中央区宝町(日本蛇篭協会内)にて業務を開始
● 昭和41年6月16日 設立許可(建設大臣)
● 昭和41年9月20日 設立登記完了
● 昭和42年2月15日 千代田区内神田(巴ビル)に移転する
● 昭和42年5月1日 千代田区錦町(千代田第一ビル)に移転する
● 昭和47年4月12日 宇都宮支部設置
● 昭和48年6月1日 長野支部設置
● 昭和53年7月1日 佐原支部設置
● 昭和56年11月26日 大宮支部設置
● 昭和59年5月2日 本部を千代田区内神田(美土代ビル)に移転する
● 昭和60年12月1日 総務部・工務部・技術管理部設置
● 昭和63年6月1日 水戸支部設置
● 平成元年10月1日 栗橋支部設置
● 平成3年4月1日 工務部を廃止し、河川部・道路部設置
● 平成3年4月2日 用地部設置
● 平成5年4月1日 研修・販売部設置
● 平成5年7月1日 甲府支部設置
● 平成6年4月1日 高崎支部・野田支部設置
● 平成7年10月1日 本部を千代田区大手町(日本ビル)に移転する
● 平成8年1月16日 防災エキスパート事務局設置
● 平成8年4月1日 東京支部・神奈川支部・千葉支部設置
● 平成12年6月14日 さいたまセンター設置
● 平成17年4月1日 用地千葉支部設置
● 平成17年7月1日 総務部・経理部・用地部・企画部・技術部・技術調査部の六部に組織改編
● 平成17年7月1日 用地第一支部・用地第二支部設置
● 平成18年3月31日 栗橋支部廃止
● 平成19年3月31日 佐原支部廃止
● 平成20年3月31日 技術調査部廃止
● 平成21年10月19日 本部をさいたま市大宮区吉敷町に移転する
東京事務所設置
● 平成23年5月1日 野田支部を千葉支部に名称変更、千葉支部は、千葉分室へ変更
● 平成24年4月1日 用地千葉支部廃止
● 平成25年4月1日 一般社団法人関東地域づくり協会に移行
用地第一支部を用地第二支部に名称変更
用地第二支部を用地第一支部に名称変更
● 平成28年9月30日 用地第一支部・用地第二支部廃止